スロット 北斗の拳 転生の章

スロット 北斗の拳 転生の章

Bloggerの推奨事項:

  • パチンコ板
  • 偽物語 信号機
  • a-kuzaraddor
  • エロ pso2
  • ドラクエ 5 おすすめ
  •  その一日遅れでメッスを離れ軍中央となった普第3軍団はこの日(2日)、更にムーズ上流のコメルシー(ポンタ=ムッソンの西南西37.3キロ)に到達し、翌3日、軍本営の到着を待ってからムーズを渡河しました

     軍左翼(南東)の第10軍団主力は同2日、メッスを発してポンタ=ムッソンに入ります

    この出立前、軍団長のコンスタンティン・ベルンハルト・フォン・フォークツ=レッツ歩兵大将はマントイフェル将軍から「第1師団がメジエール包囲を命じられメッスから去るので、一個旅団でサント=バルブの捕虜の面倒を見て欲しい」と依頼されました

    あなたも好きかも:石垣 パチンコ屋
    フォークツ=レッツ将軍は麾下の普第40旅団に普竜騎兵第16「ハノーファー第2」連隊第4中隊と野戦砲兵第10「ハノーファー」連隊軽砲第4中隊を付けてサント=バルブに派遣します

    この支隊は4日、任を後備部隊に引き渡すとサント=バルブを離れ本隊を追って南方へ向かいました

     一方、エデュアルド・フリードリヒ・カール・フォン・フランセキー歩兵大将率いる普第2軍団の残部は、10月26日から末日までの間に先行してパリ方面へ輸送された普第4師団を追う形でパリ包囲網へ向かうことになります

     この普第3師団本隊は、11月3日から8日に掛けて鉄道輸送でナンテュイユ=シュル=マルヌ(ソアソンの南45.4キロ)へ移動し、そこから陸路パリの包囲網へ向かいます

    残る普第14「ポンメルン第3」連隊、普竜騎兵第3「ノイマルク」と第11「ポンメルン」連隊の6個中隊、軍団砲兵6個中隊、そして輜重の一部はバール=ル=デュク~ヴィトリー(=ル=フランソワ)~セザンヌを経て陸路の後方連絡線(ほぼ現・国道N4号線)を行軍しパリへ向かうのでした

     メッスの勝利後、伯爵に叙せられたモルトケ参謀総長はこの時、カール王子に対し「今後の第二軍が担う任務について」親書を送付し、これは11月3日、コメルシーでカール王子に手渡されました

     この手紙の主旨によると「カール王子の麾下部隊は主任務として敵の新軍団結成を阻止し、生まれたばかりの新軍団はこれを潰し解散させることに努めること」とされ、「今後の状況次第で追加されるだろう任務を後回しとして、まずはブールジュ、ヌベール、シャロン=シュル=ソーヌ(トロアからそれぞれ南西184キロ・南南西160キロ・南南東178キロ)の占領を優先することを希望する」とありました

    あなたも好きかも:パチンコ 2ch 負け
    モルトケは「これらの各地には各1個軍団を派遣すればその周辺に集合する敵新軍団を撃破することが可能であろう」とするのでした

     これを見ても当時のモルトケは、パリの攻囲より南仏に雨後の筍の如く出現する仏「新軍団」を早期に排除することが最重要と考えていた(=非常に気にしていた)ことが分かります

     カール王子はこの書簡を読むと、麾下の進軍方向を「いかなる理由であろうとも」ブレさせずに進むことでモルトケの期待に応えようと決心するのでした

     しかし、この独第二軍の行軍は非常な困難に見舞われます

     独第二軍はメッス出発時に自軍が用意備蓄した以外の糧秣と物資を一切受け取ることが出来ず、また徴発しようにも周辺部では糧秣が尽きており、各軍団諸隊は携行する糧秣のみで行軍を強行するのでした(この直後に西へ進んだマントイフェル第一軍も同じ辛苦をなめることになります)

     そして携行する糧秣も無くなり、メッスから離れた2、3日後の行軍(ムーズ河畔到着以降)からは宿営地の宿主に糧秣を請い、また後続する殆ど空の糧秣縦列や補助糧秣縦列は、行軍路上に設置された倉庫で総督府の後備部隊等が徴発し集めた糧秣などを供給補充され、少しずつ充足して行ったのでした

     この、まるで綱渡りのような行軍は5日目を過ぎる頃には改善され、この頃から天候も回復し穏やかな秋晴れの日々となり、道路事情も「メッスの泥沼」より余程状態が良好だったため、メッス攻囲終了直後、まるで敗残兵のように疲弊し切っていた独軍将兵も、持ち前の明るさと健康を取り戻して行ったのです

    家族への手紙を書く普軍兵士たち 行軍に対する仏の抵抗も当初は全く行われず、独第二軍の行軍列先頭は11月6日、順調にマルヌ河畔へ至りますが、この、東はボージュ県、西はオート=マルヌ県に入った辺りから次第に「不穏な空気」が漂い始めました

    行軍先に仏義勇兵の姿が散見されるようになり、通過する部落では武器を隠し持つ住民が増え、ラングルやショーモンから来たと思しき武装集団が「つい先ほどまでいた」形跡が明らかとなる空き地や部落の広場などが目立つようになるのです