カジノ ゴッド

カジノ ゴッド

あなたも好きかも:アルフカジノ 入金不要ボーナス
感情を基本的に隠さない蓮華ならば、たとえば以前に暁がそうだったように、誰かを使おうと思った相手が友人に近い位置ならば、使うから力を貸せと直截する

気に入らない他人ならば、あるいは勝手に使うかもしれない

 けれど、それが身内ならば? あるいは身内にしたいと思える相手ならば? たぶん、可能性を引き寄せて駒を扱う策士としての蓮華は、そんな相手を策中に置きたいとは思わない

だから自ずと相手が選んだ道そのものを認め、そこに介入しようとせず、ただ見守ろうと思うだろう

 では、見守るためにはどうすればいい? どこまで手を差し伸べて――どこまでを傍観すればいい? きっと、わからないのはその線引きだ

 あるいはそれが忍に対しても、今はまだ曖昧なのかもしれない

「――まァ、でも安心したよ

あなたも好きかも:バカラ の グラス ペア
どのみちVV-iP学園の理事長席には五木の血統しか座れねェからな

だからまァ不慮の事故で死んだりしねェ限り、お前ェの位置は変わらないぜ?」「創設者だから、ですか?」「違うよ

違うけど……まァ、教えねェ

わかるかもしれねェし、知らないままでもいいよ

あなたも好きかも:チリ 唐辛子
こっち側にゃ入って来るつもりはねェのよな?」「――はい

私は、刀を再び置くことを、私の考えで決めましたから」「それでいいよ

こっちの問題は俺がどうにかするから――で、頼んでおいたものは手配してくれたかよ」「少しお待ちを」 以前にメールで伝えられていたものを事務机から取り出し、蓮華の前に置いた

 それは一枚のカードだ

一目見れば、学園の施設を利用するために必要は学生証に見えなくもない

「どうぞ」「へえ、やっぱあったのかよ」「はい

オールシステム・アドミニストレータ・アクセス――通称をAsAA