稲敷市 パチンコ屋

稲敷市 パチンコ屋

Bloggerの推奨事項:

  • メガ クルーザー カスタム
  • パチスロ スカイ ガールズ 天井
  • ガルパン vip
  • kingdom wars
  • ろくでなし ブルース パチンコ
  •  肩口でそろえた赤毛で、可愛らしいと言った顔つきをした少女だった

     ただし、その表情はほとんど変わることなく、真っ直ぐにミアを見ている

     ミアが入ってきたのを確認してから、フローリアは執務の手を止めてその少女の傍へと近寄って行った

     その後、ミアも手招きで近くまで呼び寄せた

    「ミア、この子が其方の学園生活の護衛をすることになったミカゲだ

    ミカゲ、この子が私の娘のミアだ

    あなたも好きかも:金沢 スロット 爆サイ
    ちなみに、ミカゲの年はミアと同じと聞いている」 フローリアが間に立ってお互いの紹介をした

    「貴方様の護衛を仰せつかりました、ミカゲと言います

    あなたも好きかも:魂を継ぐ者 スロット
    よろしくお願いします」 ミアが何かを言おうとするよりも早く、ミカゲがそう言って表情を変えないまま頭を下げた

     その物言いに、ミアが眉を顰めた

    「えーと、ミカゲ」「はい?」「ひょっとして普段の時もその口調なのかしら?」 ミアは事前に、普段付ける護衛は教室でも一緒だと聞いている

     日中のほとんどは一緒にいることになるのに、今のような仰々しい口調は出来れば勘弁してほしい

     そんなミアの思いが伝わらなかったのか、ミカゲは表情を変えないまま首を傾げた

    あなたも好きかも:マギカ スロット
    「私は、貴方様の護衛でございますから」 ミアは思わず視線をフローリアに向けた

     そのフローリアは、何となくニマニマ笑っている気がした

     普通では気付かないような変化だったが、ミアにはしっかりと伝わって来た

     これは自分の好きにしていいと判断して、好きなように言うことにした