ソイカウボーイ バカラ

ソイカウボーイ バカラ

当然、老いていく」 静かに語るマリクの姿は、十代の少年であるのに、なぜか何十年、何百年も生きているもののように見えてならなかった

 セツナは目をぱちくりさせながら、マリクの話を聞いた

「病なら治る

治れば元通り、元気にもなるだろう

けど、老いは止められるものじゃない

時間は止まらない

巻き戻すことなんてできるわけがないない

あなたも好きかも:スマホ ホルダー cd スロット
ひとは、生まれた以上、ときとともに老い、死に向かっていく

生物として当然のことなんだ

あなたも好きかも:レモン スロット
でも、だから」「だから、わたしを……」「そう

あなたも好きかも:ギャンブル 還元率
逢わせてあげたいんだよ

あなたは、あのひとの数少ない家族だから

せめて」「……わたしは――」 ファリアは、言葉を区切ると、こちらに目を向けてきた

潤んだ目には、迷いが見える

なにを迷っているのか、セツナは即座に理解した

 ファリアは、リョハンには帰れないと考えているに違いなかった

ファリアは以前、リョハンを統治運営する護山会議の決定を破ったことがある

アズマリア討伐任務から外されたにも関わらずアズマリアを攻撃したことで、ファリアは、リョハンとの関係を断たれることになったのだ

その結果、ファリアは居場所を失ったが、セツナはそんな彼女に手を差し伸べた