Story Of Medusa

Story Of Medusa

申し訳ないことをした

 けれどそんなことよりも、未だ後方で待機している、クロードと共にあった人物が気になった

あなたも好きかも:着せ替え スロット
「クロード、来客ではなかったの? あの方、まだ待っているようだけど……」「いえ……確かに来客なのですが……私ではなく、貴方へなのです」「陛下? それともオゼロの使者の方?」「どちらでもございません

あなたも好きかも:地獄少女 コス スロット
セイバーンに仕官したいとのことでして」「…………え、なんで王都の方が?」 意味が分からず首を傾げると、俺の困惑ぶりにクロードも苦笑した

 いやだって、今しがた、成人前はあなどられるって言われたばかりだし、俺に仕官したいなんて言い出す人が、なんで出てくるの……? と、なるじゃないか

 そうして聞いてみれば、その方は学舎の卒業生であり、お声が掛かり王都に残ったものの、成人前の処遇に精神を病みかねないほどに疲弊してしまったらしい

 なかなか上手く立ち回れず、いったん築き損ねた人間関係は、その後も当然ついて回る

 同じく成人前であった方々と励まし合っていたけれど成人しただけでころりと対応が変わる人もいたりと、更に人間関係に疑問が生じ、苦手意識ばかりが募ってしまったのだそう

「一応知り合いではあります

交流の多い部署の方なのですよ

 あそこは役割的に、特に保守的な方が多かったので……」「そういうのもあるんだ……

あなたも好きかも:ヴィーナスポイント 対応 カジノ
 いや、だけどうちは田舎だし、せっかく王都に仕官となったのに、お身内の方ががっかりしてしまうのじゃないかな」 王都で出世した人が田舎のセイバーンって、左遷されたと思われるのじゃない? そう問い返したら、その方は慌てて、俺の袖に縋ってきた

「もっ、元々物づくりが好きで! いくらだって眺めていられるのです

学舎時代は、職人街に入り浸っておりました

 今の職務も、職人と関われる部署ですから、必死で食らいついていたのです! で、ですが、どうにも身体がついてこず……、最近は胃が痛いやら、急に泣けてくるやらで……