お金を稼ぐためのオンライン書き込みケース

お金を稼ぐためのオンライン書き込みケース

素直に言うことを聞く様子に、加奈は「さすが生美おねーさん……」と、少し吹き出し笑う

あなたも好きかも:父親 パチンコ依存症
 生美は気を取り直すように肩の力を抜き、腕を組んだ

「それで? 何メソメソしてるの?」 優樹は手の甲で目や頬を拭うだけで何も言わない

俯いている横顔から、悲しみと同時に拗ねている様子は見て取れる

 生美は「ったく……」と呆れて息を吐いた

「そんなにあの子のことが気になるの? 大した子じゃないのに」「……そ、そんなこと……ないモン……」「はぁ?」 顔をしかめる生美を見ることなく、優樹は顔を真っ赤にして、グニグニと濡れたシーツをいじりながら目に一杯の涙を溜めた

「……た、大した子とか……そんなの……ない」「なにワケのわかんないこと言ってるの?」「だ、だって、……だって……」 今にもまた泣き出そうかと顔を歪める優樹に生美は訝しげな顔をしていたが、溜息を吐いて情けない笑みを浮かべた

「あんたねえ……

何元カノに気を遣ってるのよ」「……」「相手はあんたに気遣いの素振りもないし、逆におもしろがってるみたいなんだから

あなたも好きかも:高浜市 パチンコ 開店
そんな奴相手に優しくなることはないわよ」 優樹は目に涙を浮かべて、俯いたままで口を尖らせ、そろ……と生美に横目を向けた

あなたも好きかも:還暦 プレゼント バカラ
「……生美、ちゃん……?」「ん? なあに?」「……、生美……ちゃん、って……

……仲良しな子、いる?」 小さく問い掛けて目を逸らし悲しげに俯く姿に「……は?」と生美は顔をしかめた

「仲良しな子って? 友達ってこと?」「……、と、友達……みたいな……」「そうね

いることはいるわよ

それが何?」 普通に答えた途端、優樹の目にぶわっと涙が浮かんで零れ、生美は「はぁっ?」と少し驚いて顔を突き出した

「な、なによ? なんで泣くのよ?」 優樹は顔を歪めると、「うぅー……」と声を漏らしながらまたベッドに顔を伏せた