ジャミン・ジャーズ 2

ジャミン・ジャーズ 2

では、これは現実なのか

 彼女は、セツナを見ることができなかった

彼の優しい微笑みを見るだけで心が溶け、魂までも蕩けてしまうのではないかという危惧がある

それでいいじゃないか、という想いもあるのだが、それではだめだ、と言い張る自分もいる

 葛藤が、彼女の理性を繋ぎ止めている

「どんな恐ろしいことが起きたって、俺がおまえを守る

あなたも好きかも:クソゲーオブザイヤー オンラインゲーム
おまえだけは、絶対に守り抜くさ」 それは甘美な未来を想像させる言葉ではあったが

あなたも好きかも:シンフォギア パチンコ 甘
「……てめえ、なにもんだ?」 シーラは、セツナによく似たその人物を睨みつけた

「シーラ?」「セツナじゃねえだろ」 急速に冷えていく肉体と冴え渡る意識に、自分もまた、ミリュウ以上に現金な人間だということを理解する

が、苦笑はしない

あなたも好きかも:ひぐらし の なく 頃 に スロット 新台
受け入れ、認める

そのとおりだ

自分も、彼女と同じだ

セツナなくしては生きていけない人間になってしまった