べらジョンカジノ

べらジョンカジノ

「これ、上手く制御すれば、内部の筋肉まで再現できちゃうんじゃない?」「儂はやっておったぞ

そうしないと人間の動きにならんからな」 肩乗りスライム(ランド)が偉そうに言った

「神経に相当する部分さえ管理できていればいいもんね」「でも姉さん、スライム分が増えると、個体として成立しちゃうんですよ」 サリーの実験によれば、前腕分くらいの量になると、一個体として認識されて、魔道具の制御下から離れてしまうんだとさ

「それなら、制御できる分量に分けて複数体にしてみたら?」「あ……なるほど……」 煩雑にはなるけれど、そういう方法も採れそう

 で、そこまでいったら、いっそスライムではなく、人体そのもの、つまり死体ではどうなのか、という話になった

「不死者という存在が何なのか、っていうのは、答えが出てないのよね

あなたも好きかも:スロット 代
魔物の研究で一番詳しい資料があったのは、魔術師ギルドに所蔵の禁書類の中かな

あなたも好きかも:まどマギ スロット プレミア
推論の一つだけど、『半端に魂が繋ぎ止められた状態』ではないか、って話だけどさ

で、完全に抜けてしまったものが死体だとすれば、制御する存在もいないから動かしようがない

 魔道具で死体を制御しようとしても、どうも『器』である死体と、『魂』には適合する形があるみたいでさ

あなたも好きかも:シルフィードベル カジノ
例の錬金術の本――――続編の方にはさ、魂を魔道具で代替する、っていう実験はあったけど、その魔道具を利用して死体を動かす、っていう実験はしてないのよ」「その本、読んでないです」 サリーの目が光った

「うーん、かなり醜悪で陰惨な実験してるよ? いずれサリーには見てもらうと思ってるけど、今はまだ見せられないかな」 すんごく十八禁な内容もあるしね!「それは……いつになったら解禁なんですか?」 縋るような目で見上げられる