タイバニ スロット 楓

タイバニ スロット 楓

Bloggerの推奨事項:

  • 喰霊―零―
  • 東大阪 スロット
  • 座敷牢
  • ジーワンダービークラブ2
  • 黒のローブ
  • その周囲にはパチパチ電気の様に弾けながら白い闘気も漂っている

    頭に流れ込んでくる因果律は酔っぱらったようなおかしな未来しか示してこない

    混線していると美射が言った通りのようだ

    俺はその場にしゃがんで、大きく息を吸い込んで足元に大きく振りかぶった右手の拳を一発叩きこむ

    同時に、足元の金属が割れ、人一人分くらいは入れそうな大きさの穴が空いた

    あなたも好きかも:パチンコ 回る店 ない
    クラーゴンはサッと近寄ってくるとその穴の中へと入っていく

    俺も慌てて続いて入る

    飛び降りると、その中は驚愕の光景が広がっていた

    あなたも好きかも:昭島市 パチンコ イベント
    逆さの展望台の中に、逆さで透明な観光客たちが居てそれぞれに楽しそうに、外の窓を見つめている

    「窓なんて無かったわよね」クラーゴンの言葉に頷く、外から見た所間違いなく窓は無かった

    天井に張り付くように歩き回っている逆さの透明な観光客たちは、時代も種族も様々で緑の肌などの見たことの無いような外見の者たちも居る

    俺たちには気づいていないようでこちらの頭の上を次々に通り過ぎていく

    クラーゴンは観光客たちを観察して「服装からしてそれぞれ時代も、種族も違うわよ

     まるで様々な映像を再生して 組み合わせた様な……」窓の外の景色も眺めてみる

    逆さの青空の上には逆さのビルが立ち並ぶ広大な上下反転した街並みが延々と広がっているのが見える

    俺は白黒の闘気を保持したまま「なあ、クラーゴン、ここがコアだな」と辺りを見回しながら言った

    窓の外の映像や観客たちも含めて、コアのような気がしている

    この奥や下に何かある感じがしない

    「……でしょうねぇ……異様すぎるし」いきなり窓の外景色が変わり、下から上に落ちていく無数の爆弾が逆さの街を燃やし始めた