ケロロ パチンコ セグ

ケロロ パチンコ セグ

Bloggerの推奨事項:

  • ロトパチ スペック
  • はいふり パチンコ
  • ニワトコの杖
  • 天満 おすすめ
  • 立川 カジノ
  •  なにかのハプニングが起こったような印象を受けるはずです

     読み手を「傍観者」にしなければ、「落とし穴」なんて少しも面白くありません

     小説も一緒です

     読み手と書き手が「秘密」を共有して読み手に「傍観者」の視点を付け加えさせないと、ワクワク・ハラハラ・ドキドキさせられないのです

     だから「秘密の共有」は物語に必須のテクニックだと言えます

    「秘密の共有」という発想がなければ、「傍観者」の発想もありえません

     あなたの小説がひじょうにシンプルなのであれば、読み手と「秘密の共有」をして「傍観者」の視点を持たせてみましょう

     それだけで何倍も面白い作品に仕上がりますよ

    最後に 今回は「隠すべきところをあえて見せる」ことについて述べました

     一人称視点において「隠すべきところ」をあえて「見せる」ことで、読み手に「傍観者」の視点を持たせることができます

    あなたも好きかも:日の丸 パチンコ 社長
    「傍観者」の視点は「主人公」の一人称視点だけよりもワクワク・ハラハラ・ドキドキを強く感じさせてくれるのです

     意図的に「隠すべきところをあえて見せる」発想ができれば、あなたの作品は何倍も面白くなるでしょう

    あなたも好きかも:パチンコ どん じゃら
    隠したほうがよいもの 意図的であればどんどん見せていけばいい、というものでもありません

     物語を楽しむうえで、明らかに「隠したほうがよいもの」があります

     これまで「見せて」しまうと、読み手が興醒めしてしまうのです

    対になる存在の胸中 絶対に読み手に知られてはならないものは「対になる存在の胸中」です

     たとえば恋愛ものを書いていて、初めから意中の異性は誰のことが好きなのかを読み手が知ってしまうとどうなるでしょうか

     それ以上読む必要がなくなりますよね

    「対になる存在の胸中」は、物語の「佳境(クライマックス)」で開示すべきです