インターネット上で何かをすることができます

インターネット上で何かをすることができます

どこまで本気なのか分からん…! ま、おふざけはこの辺にして…タオフィ先生は今度こそ真剣な表情(多分)になり、お父様に向き直った

「それで…此方はテオファがラウルスペード公爵家で保護されていると報せを頂き飛んできた訳ですが…どういった経緯でこうなったのでしょう…?」 それは僕も知りたい

テオファが僕を頼った理由は分かったけど、なんで逃げて来たのかは聞いてない

あなたも好きかも:まどマギ スロット 円環の理 ほむら
多分バティストはそこまで調べてると思うけど…

「調べはついてる…が、詳細は本人にしかわからん

あなたも好きかも:お盆 スロット
無理にとは言わんが…話せるか?」 お父様は優しくテオファに語り掛ける

だが彼は泣きそうな顔で俯いてしまった

 先生はそんな彼の様子を見て、腕や顔に触りながら顔を顰めさせた

「…テオファ、痩せすぎじゃないか…?前は平均的だっただろう、ちゃんと食べていないのか? もしかして兄ちゃんの仕送り、使ってないのか?貯めるのもいいが、健康を害する程切り詰めるな

あなたも好きかも:カジノ 釧路
お前だって給料貰ってるんだから」「………それが…その…」 おお…「兄ちゃん」ですって!普段の様子と違うタオフィ先生は新鮮ですな

ただの変人だと思ってたけど…弟想いの優しいお兄ちゃんなんだなあ…

 ただテオファは苦しそうな顔をして口を閉ざす

その様子に、先生は彼の頭を優しく撫でて微笑んだ

 そこにお父様の指示のもと、バティストが紙の束を先生に差し出す