スリンゴ・リール・エクストリーム

スリンゴ・リール・エクストリーム

こ、これを使われれば、我々もただでは済みません」「――作った貴方達が何を言っているのです! ……貴方達が本来味合わせる予定だった苦しみを、わたくし達と味わって下さいな」「ひ、ひいっ!?」「ハイネ

貴女はすぐにこのことをオールドに伝えてきなさい」「は!」 そう言うとハイネは一人、来た道を戻っていく

「さてじゃあ彼女が戻って来るまで――」「いえ

時間がありません

あなたも好きかも:カジノエックス
すぐに向かいます」「は? いいの? 貴女の側近護衛なんでしょ?」「だからです

彼女にまで危険な目に遭わせるわけにはいきません」 そのセリフには疑問を抱いた

 ハイネはヴァルハイツの騎士であり、レイチェルのような立派な王族を守ることは本望であるだろうと考える

あなたも好きかも:hero and daughter カジノ どこ
「私達はいいんだ」「生贄(サクリファイス)は確かに強力な魔法ではありますが、熟練された冒険者である貴女方なら耐えられるでしょう

それにフェルシェンの人達まで巻き込むわけにはいきません」「それこそあの騎士さんを待った方がいいんじゃ……」 納得のいかないバークとサニラを無視し、レイチェルは転移魔法を起動させる

「冒険者様達には申し訳ありませんが、このまま行きます! 皆、ついて来てくれますね?」「「「「は!」」」」 ハイネと同伴していた複数人の騎士は、レイチェルの命令だからと力強く返事をし、魔導砲ごと転移した――

あなたも好きかも:スロット 0.05
 ――フェルシェンではハボルド達が情報を集めていた

「あの子達は大丈夫だろうか

情報がないようだ……」「は、はは……なにぶん二人とも若いですから

色々やんちゃな年頃なんですよ」 嘘とかは苦手なジード

どんどん言い訳もぎこちなくなっていく中、一報が入る

「ハボルド様、報告します! グリーンフィール平原にて巨大ゴーレムが出現! ヴァルハイツに向けて進行中とのこと」「な、なに!?」 その緊急事態にはある程度、周りの動きを聞いているジードも驚きを隠せない

 グリーンフィール平原というとディーガルが向かっていた場所だと考える

「ディーガルと連絡は?」「い、いえ