クリスタル バカラ

クリスタル バカラ

朝食が終わった後、風音は親方と話した通りに一度冒険者ギルドに行くことにした

あなたも好きかも:広島 グランド オープン パチンコ
午後にはまた親方もやってきて、メンテナンス用の装備、使用素材の引き取り、また神聖物質(ホーリークレイ)の生成やタツヨシくんシリーズ改造の細かな検討を行う予定もあるのでそう時間もかけられないのである

なので、そこそこに急いで用を済ませる必要があったので風音たちはすぐに準備をして外に出た

ようやく動き出したダンジョン攻略を前に風音は大忙しであったのだ

ダンジョンか

早く入りたいものだな

あなたも好きかも:池袋 スロット 5円
期待しているぞ」「うん

行ってきまーす」 中庭で完全回復したシップーのおなかを撫でながらジンライがそう言って風音や一緒にギルドに向かう弓花とティアラ、エミリィたちを見送っている

ジンライは日々の疲れをこうして癒していた

あなたも好きかも:戦国乙女 a スロット
「ナー」「良いのかシップー」「ナー、ナーゴ」「ふふふ、かわいいヤツめ」 そんな会話を背に風音達は立ち去って行く

 半生キュクロープス戦でシップーに救われたジンライのシップーラブ度はさらに上昇しているようでだが、あえてそれにツッコミを入れる勇者はここにはいない

特に弟子と孫はまったくの無言であった

そこにどういう気持ちが込められていたかは不明ではあるが、おなかを触りたいという思いは確かにあるはずである

「にゃ、にゃあ?」『どうしましたかユッコネエ?』 謎の視線をおなかに感じてビクッとしたユッコネエに、頭の上に乗っているタツオ(黒炎装備)が首を傾げていた

なお、彼らも風音の同行メンバーである

 そんな風音達一行だが、本日の冒険者ギルドに向かう目的は『金翅鳥(こんじちょう)神殿』に対する現在の状況確認である

また、ついでに知り合いのパーティがいれば挨拶をしようとも風音は考えていた

 なお、風音と交流がある人間のいるパーティは今、この街にみっついることになっている

 ひとつはパーティ『レイブンソウル』