パチンコ まどマギ

パチンコ まどマギ

長く生き過ぎた猫が なるアレだにゃ」背中を向くと、いつの間にか裾の短い着物の尻の部分から八又に分かれた長い尻尾が伸びている

「つ、つまり……妖怪の類なのですか……」ウネウネと動く八本の尻尾に驚くナンマルに「んーどうかにゃー

妖怪というより せめて特殊生物と言ってほしいにゃー

あなたも好きかも:スロット 天下布武 天井
バイナの白ウサギちゃんとか 黒真東の先国地方に棲んでるハチマタのオローちゃんとか そういうのナホンには一杯いるにゃ」「知りませんでした……その様な方たちが居たとは……」「リングリング様の何か、深いお考えがあるのですよ」最近信心が、何故かさらに強化されたメイリンに言われて、ナンマルは頷く

俺は、美射が気まぐれで人工生物の試作品を造ったり普通の生き物に力を与え、進化させてそして飽きて放置しているだけのような気がするがナホン人の二人や、ネコマに悪いので、それは言わないことにする

「で、何でネコマちゃんは、火国を滅ぼしたいのよー」山根がグイッと酒を飲み干して言う

あなたも好きかも:ドラクエ 10 カジノ イベント
「きいてくれにゃー

酷い話なんだにゃー」ネコマはいきなり悲しそうな顔になり「まにゃたびの木が、いっぱい生えてる大きな森が火国の東にあるにゃ

 でも、そこに最近火国の人たちが、おっきなお城を造ろうとしてるにゃ」「まにゃたび?マタタビじゃなくて?」思わず聞き返した山根に「そうとも言うにゃ

ともかく、我ら化け猫、そして普通の猫たちの最大の楽しみを 奪う火国は許せんのにゃ

あなたも好きかも:グラブル 確率操作 カジノ
だから滅ぼすにゃ」「我ら?今我らって言ったよな……」「草壮国には、三百人ほど化け猫の仲間が居るにゃ」「多いなーそんなにかー」山根も口を開けて、驚いている

「そんなことないにゃ

少ないにゃ

皆、各地から流れ着いて 静かに生きている者ばかりだにゃ」「ところで、あとの二百九十九人は、滅ぼすことに対して何と言ったのでござるか?」「私以外は皆、火国を滅ぼすことに反対したのにゃ