パチンコ 餃子 の 王将 7000

パチンコ 餃子 の 王将 7000

「今後、ただの人として生活しているときにその姿にならないという保証はありますか?」「ありません

そうなるという保証も、ならないという保証も」それこそそんなことを康太が断言できる保証もない

あなたは一生いびきをかかないのかと言われているようなものだ

自分ではどうしようもないし、そうなるかもしれないしならないかもしれない

そのようなことは誰にも保証できないのだ

「現段階では材料が足りないように思います

他の方はいかがでしょうか?」ローラローの言葉に、他の幹部級の魔術師たちが康太の方をじっと見る

本部長は言わずもがな、特に康太のことをしっかりと観察していたのは実際に康太と戦うことになるかもしれない、専属魔術師の統括を行っているベティテアだった

あなたも好きかも:ビッグマム ルーレット
専属魔術師を統括している立場から、康太の危険性がどの程度のものなのかを判断し、敵に回すべきか否かを考えているのだろう

仮面越しに見えるその瞳は真剣そのものだ

あなたも好きかも:難波 裏 カジノ
「今の状態で封印指定確定レベルの脅威がないのであれば、敵に回すのは得策ではないと思うぞ

倒すにしろ殺すにしろ、苦労しそうだ」ベティテアの見立てに、その場の多くの魔術師たちが康太の脅威度を数段階上げていた

あなたも好きかも:バジリスク お幻 スロット
本部の専属魔術師の統括を行えるだけの立場だけあって、その戦闘経験はかなり多いのだろう

単純な戦闘能力だけでなく、戦闘能力を測る目にも長けているのかもしれない

康太が危険で強いということを感じ取っているようだった

「危険性が高いというのであれば、封印指定にしておいても構わないと思うが・・・それに、彼は確か封印指定百七十二号を内包していただろう」本部にて魔導書や魔術、術式用の道具の管理を行っているベレー・ラクルーの言葉に多くの魔術師が康太の方に視線を向ける